収入を上げるための専門分野の選び方

将来的には独立してフリーランスをして働いていきたいと考えているエンジニアは、自分の専門分野についてよく考えることが大切です。
どの専門分野を選んだかによってフリーランスとして働きやすいかどうかが左右されるだけでなく、収入の高さにも大きな影響が生じます。
クライアントの立場から考え、独立しているエンジニアに任せられる仕事は何かと考えてみるのが大切です。

企業では基本的には社内エンジニアによって全ての仕事をこなしてもらえるのが理想ですが、それでは不足が生じるためにフリーエンジニアを活用しています。
人気が高くて発展が続いている分野ほど、その急速な発展にエンジニアが追いついていけない状況になりやすく、社外からの人材を必要とすることになっています。

そのため、フリーランスをするときの専門分野の選び方として、向こう数年間は人気が高い状態で維持される分野を選ぶという方法が重要です。
IT業界に入ってエンジニアとしての基礎を学ぶ時点で、このことは念頭に置いておかなければなりません。
業界入りする前に各分野の将来性について精査を行い、安心してその分野の専門家として働いていけると判断してから自分の専門分野を選ぶと、独立するときに有利になります。
フリーランスを始めてからスキルを広げていくことも可能ですが、まずは最初の数年間の収入を確実に手に入れられる能力を持っていると安心です。
業界入りする時点で専門分野の将来性を予測して選ぶと、高収入が期待できるでしょう。