千里眼の有無が成功の秘訣

フリーランスを始めてから何年かが経過すると、大きな収入を得るのに成功しているケースと仕事がなくなっていて困っているケースとに分かれる傾向があります。
このようなギャップが生じているのは、もともとのエンジニアの技術者としてのポテンシャルの違いによる影響がないわけではありません。

しかし、より決定的になっているのが、千里眼の有無です。
ポテンシャルの違いだけが原因であればフリーランスを始めた時点ですぐに収入のギャップが生まれていますが、実際には大差が生まれてくるのは五年程度が経過してからというケースが大半を占めています。
たった今働けるための技術があれば良いと考えていると、仕事を失ってしまいがちです。
何年も先のことを考え、ニーズのある技術を身に付けることがフリーランスをする上では欠かせません。
将来的にどのような技術が生まれ、世の中で必要とされるものになるかを察することができる千里眼があるかないかが、収入に大きな影響を与えています。

ただ千里眼があるだけでなく、それに基づいて必死に勉強してニーズが出てきたとき、即戦力になれるように自分を磨く努力ができるかどうかも重要な要素です。

このような要素を兼ね備えている人は、フリーランスを続けると徐々に収入が高くなっていきます。
先を見越す能力は天性のものではなく、常にITの最新情報に興味を持つ貪欲さがあれば自然に身に付いてくるものです。
その意識をしっかりと持って独立するようにすれば、将来的に稼げるフリーランスになれるでしょう。